耳に優しくすっきり取れる『TSUBAKI耳かき』を手に入れてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ミミカキストの皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もYoutube動画始め耳かきブログもよろしくお願い申し上げます。2017年も色んな耳かきを通じて皆さんと耳かきの時間を楽しんで行けたら良いなぁと思っております。

さて、新年初めの耳かきは新しい耳かき道具をご紹介致します!
その名も『TSUBAKI 耳かき』このパッケージの色合いやネーミングから見ても某化粧品メーカーのシャンプーを思い出してしまうのは私だけでしょうか(笑)



この商品はセーブ・インダストリーという会社が作っているのですが、耳かきをメインで作っているのではなく主に生活用品やアイデア商品を企画から卸しまで一貫に取り組んでいる会社だそうです。
ちょっとHPを訪問してみたのですが、いろんなアイデアを考えるなぁと面白く拝見させてもらいました。そのなか『TSUBAKI 耳かき』もアイデア商品の欄で見かけました。もしかしたらデザイナーさんの中でミミカキストでもいるのかな?とちょっと勝手に想像していました(^^)

極細ワイヤー&極細エチケット式ブラシの二刀流

そもそもこの商品を購入しようと思ったきっかけが、耳かきの形状。他の耳かき道具では見かけたことがありません。先端の全体像はこのようになっています。

上記のパッケージ写真にはこの耳かきがどんな代物なのか説明がたくさん書かれていますが、要約すると先端のワイヤーで耳垢を掻きながら黒いブラシで取り除くという手法。

見た目ではわかりませんが、黒いブラシは図のようにブラシが外側に向かって倒れているので耳垢が奥に行きにくいそうです。
またYoutubeでもこの耳かきを使った動画を上げていますが、金色の金具の部分は何のためにあるのか?と質問もありました。どうやらこの金具は指先を添えるためのもので、ここに指を置いて使うと耳かきの重心を先端部よりにし動かし易くなるということ。

赤い棒は軽量なアルミニウムを使用しているので重量は約4g。重くは感じません。

TSUBAKI耳かきはどんな耳垢タイプがオススメか?

ワイヤーだけでなくブラシも活用することを考えると、アメミミタイプの方より粉ミミタイプ向けの商品だと思います。
私の主人の耳垢は細かい粉ミミなので、ワイヤーよりもブラシで綿棒代わりに掻き出す方法が一番使えたように感じました。ブラシ部分は水洗いも可能なのでアメミミの方も使えるとは思いますが、一度使うとブラシが汚れてしまうのでその点を考えると粉ミミタイプ専用だと思います。

また使ってみて気づいたのですが…

ちょっと強めに耳かきをすると、ブラシの部分が曲がってきます。

使い初めは心配ないでしょうが、使い続けているとブラシ付け根部分の劣化が少々気になるところではあるので、今後も使いながら確認は必要かと思っています。※指で押せば元の形に戻ります。

⚫️TSUBAKI耳かき使用後の感想
この耳かきは全体的に耳に優しく気持ち良く使ってもらうための作りをしています。先端の赤いワイヤーもナイロンで包んでありバネが効きます。ブラシも綿棒代わりに使え外耳への当たりが痛くないので、耳かきをしているようでちょっとリラクゼーション的な効果も味わえる道具です。

なかなか見かけない形の耳かき道具なので、興味にある方はYoutube動画もご覧頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*